ラブラブ夫婦になるための3つの秘訣

どんなに年月重ねても、ラブラブな夫婦でいられたらとっても素敵なことだと思いませんか。いったいどんなことをすればそんな関係を作れるのか、今回は3つの秘訣を紹介しちゃいます。


こんにちは、夫婦カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

おじいちゃんおばあちゃんになっても手を繋いで、買い物に行ったり旅行に行ったり…
誰もが憧れる「理想の夫婦像」って、こんな感じですよね。

このように、長い時間を経てもラブラブ夫婦でいるためにはどのようなことに気をつけていけば良いのでしょうか?

・趣味を共有する

お互いの趣味を知っていますか?
旦那さんであれば釣りやゲーム、バイクでのツーリングなどがよく挙げられますよね。
そして、奥さまの趣味は編み物やパン作り、ショッピングなどたくさんのものがあります。
…この趣味を旦那さんと一緒に分かち合えたら良いなぁ~と思ったこと、ありませんか?

どんなにおいしいものでもひとりで細々と食べると、そのおいしさは半減してしまうもの。
逆に、家族や友人など親しい人と一緒に食べると会話もおいしさも増えますし、楽しい時間を過ごすことができますよね。
これと同じように、ぜひお互いの趣味にチャレンジしてみてください!

スマホゲームが好きな旦那さんであれば、奥さまも簡単そうなものなら一緒にやってみるとか、
釣りならぜひ一緒に行ってみるとかいろいろな方法があると思います。
ここから会話もまた広がりますし、旦那さんも「自分の趣味に興味を持ってくれる」という奥さまの姿勢が嬉しいものなんですね。

・会話をする

夫婦が離婚してしまう際のデータについて、圧倒的に多い理由が「会話の少なさ」です。
会話が少ないということは、お互いのことについて知らないことが多くなってしまったり、
それだけすれ違いが多くなってしまうことに繋がります。

夫婦であれば当然喧嘩をすることもあるものです、しかしそれはお互いに会話をすることによって成り立ちます。
会話もない、喧嘩することもない…そんな冷え切った関係にならないためにも、
ちょっとしたことで良いので会話をお互いに投げかけてみてくださいね。

・適度な距離感を保つ

「ラブラブ夫婦」というと、いつも片時も離れずいちゃいちゃとくっついているイメージでしょうか?
もちろん一概には言えませんが、これって実はあまりおススメできないんです。

一見ラブラブなように見えても、いつもずっと一緒に行動してどちらかのやりたいことについていく…
これでは、お互いに見えなくても良いところまで見てしまって不満が溜まることにもつながりかねません。

大事なのは夫婦であっても「距離感を保つ」ことにあります。
とは言っても、わざと離れて座るだとかそういうことではなく、
同じ空間に居ても片方は本を読んで、片方はテレビを見て…というふうに、
「いつも一緒に行動」でなくても良いということ。
お互いにやりたいことをやりつつ一緒の空間にいれば、
ストレスも溜まらず、なおかつ同じ時間を共有することができますよね。

ラブラブな夫婦になるためのお話はいかがでしたか。もっとラブラブな関係を作る方法を知りたい方はコチラをどうぞ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ