いつも仕事と旦那が帰ってこない場合どうしたら良い?

いつも仕事ばかりで旦那がなかなか帰ってこない、そんな家庭も今では珍しくなくなってきましたね。しかし仕事は大切ですし、これはなかなか口を出せる問題とはいきませんがすれ違いが多くなるのも辛いですね。ではどう考えていけばよいのでしょうか


こんにちは、夫婦カウンセラーの柳瀬です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

「いつも仕事、仕事と言って旦那がなかなか家に帰ってこない!」
そう嘆く奥さまがとても多いですよね。確かに、仕事とはいえすれ違いの生活が続いてしまうというのはとても寂しいものですし、
不満にもなったり夫婦喧嘩のきっかけにもなり兼ねません。

でも、仕事のことだから口出しできないし、かと言ってなかなか不満も言えないし…
仕事を頑張っている旦那さんに直接言えないこのモヤモヤ、いったいどうしたら良いのでしょうか?

まずはこう考えていきます

まず、旦那さんが働くことで家族が生活できる費用を稼いできてくれているんですよね。
お子さんが増えるなどの理由によって、旦那さんひとりのお給料では生活費が賄えなくなる…ということもあるけれど、
金額はあまり関係ありません!(定職につかず短時間のアルバイトばかり、などの理由はちょっと置いておいて)。
大切なのは、旦那さんが「家族のために外で働いてくれている」ということが、当たり前ではないということなんです。

もちろん、共働きで奥さまも働いていらっしゃるというご家庭も多いと思います。
それでも、旦那さんが健康で働いていけるのは当たり前ではありませんよね?

職種にもよりますが、仕事が忙しい時期があればなかなか帰りも遅くなるでしょう。
飲み会の回数が増えたり、カリカリイライラするような時期もあるでしょう。

それでも、旦那さんは忙しくてなかなか帰ることができなくても、なぜ働いているのでしょうか?
それは、家族がいるからです。

独身であれば、コロコロ転職をしてぐーたらしたとしても誰に迷惑をかけることもないです。
簡単な仕事で少ないお給料でも、自分ひとりが生活できれば良いですよね。
しんどい思いをしても、なかなか家に帰れなくても、家族がいるからこそ仕事を頑張って続けることができるんですよね。
このことに「ありがとう」と思うように心がけて、もっとポジティブに考えてみてはいかがでしょうか?

力を抜く

昔から「亭主元気で留守がいい」なんて言われますが(汗)旦那さんがいない時間をひとりの時間として自由に使ってみるのも良いのでは?
もちろん、お子さんがいらっしゃる方は自由に時間を使うのも難しいものです…。
ひとりで育児・家事を全部するのはとっても大変!なことですから、旦那さんにもしっかりと育児を手伝ってほしいと思いますよね。
だからこそ、旦那さんがいないときには少し力を抜いてみても良いと思います。

帰ってきた旦那さんに「家族のためにありがとう」「お疲れさま」など労をねぎらう言葉を少しずつでもかけ続けていくことで、
旦那さんも「早く家に帰りたいな~」という心持になるでしょう。
夫婦は鏡とよく言われます、こちらが旦那さんに対して笑顔で「お疲れさま」と言うことで、
旦那さんも仕事でピリピリしている気持ちが少しずつほぐれていきます。
深夜帰宅などでなかなか顔を合わせられないという場合は、ひとことでも手紙やメモを置いておくと良いですね。

1日1回は、こうした「お疲れさま」やメモでのアクションを起こすことで、
なかなか顔を合わせることがなくても夫婦のつながりができて、お互いの不安な気持ちやイライラも解消できるでしょう。

旦那が帰ってこない家庭での取り組みのお話は分かりましたでしょうか。もっと夫婦の問題について知りたい方や学びたい方はこちらをどうぞ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ