自分でやることは自分の能力に繋がる

昨今とても便利な世の中になってきました。様々なサービスがあるおかげで昔だったら自分でやることが当たり前だったことも人にお願いすることができます。でもなんでも人任せにしていては失うものもあります。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

最近は子供の数が減って、その分、その子供にかける教育費が増加傾向にあるようです。

例えば、昔の考えなら習い事は小学校に入ってからなんて感じでしたが、今では、就学前の子供に週2回、3回なんて当たり前で、教育熱心な家などは週6回など通わせたりしているようです。

便利な世の中だからこそ…

そして今は便利なサービスが沢山ありますから、習い事から、食事、洗濯、庭の掃除、仕事など沢山人に任せることができます。

それはとても便利です。

ですが、同時にそれは自分の能力や成長機会を失うということも意味します。

例えば、パソコンのデル(DELL)という会社はずっとエイスース(ASUS)という会社に2000年代製造する部分をアウトソーシング(仕事を任せること)し続け、業績を伸ばしていきました。

なぜなら自社で抱えるよりも、他に任せた方が効率的だと思ったからです。

デルという輝かしい栄光の後ろでせっせとせっせと仕事をし続けていたのは、エイスース(ASUS)という会社でした。

ですが、今のパソコンやタブレット格安時代、デルという会社はその輝きを失っています。

なぜならアウトソーシングという一時的な利益のために、製造技術という分野で、もはや他に仕事を任せなくてはいけない体質になってしまったからです。

逆に日陰で力をつけていたエイスースは今の時代その存在感を見せています。

可能性を見つけるために

人間は全て一人でやることはできませんので、人に任せることを覚えなくては限界が生まれます。

ですが、同時に私達は目先の利益や便利さにかまけて、自分の未来まで失ってることもあるかもしれません。

例えば、子供に塾に通わせると成績は上がるかもしれません。

ですが、効率的でなくても、成績は上がらなくても一緒に教えることによって、子供が本当に必要な時に一緒にいれるという貴重な経験を得ることができるかもしれません。

あなたは今日、何を人に任せますか?

何を自分でやりますか?

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っています。

さあ、今日も張り切って行きましょう♪

自分でやることを選んでいく、全て人任せにしないことは大切なことですね。もっと様々な心の学びやお話を知りたい方はメルマガ登録コチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ