自分を変えることは難しい、ならば遊びながらやってみよう

自分を変えることや、悪い習慣を止めるということは、やはり簡単なことではありません。場合によっては苦痛に思うこともあるかもしれません。では楽しみながら、遊びながら自分を変えていけたら…どうでしょうか


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

本日の記事は私が担当させていただきます。

さて、人から「お前は視野が狭い、もっと広く物事を見ろ」

なんて言われた経験はありませんか?

自分の価値観ばかりにとらわれすぎるとそんな風に陥りやすいんですよね。

そんな時、誰かが「視野狭くなってるぞ」ってこっそり教えてくれたらいいですよね。

そうすれば、相手の気持ちになって考えてみたり、自分が想像していることとは別の可能性を考えてみたり…

なんて色々気付いていくことができる。

今回は、よく橘が言っている「マスコット」を自分の中に作ってみた私なりの体験談をちょっとお話してみようと思います

自分を客観的に見るために

橘は自分の心の中に「しゅうちゃん」というマスコットを作って自分がネガティブな気持ちに落ちそうな時や、ネガティブな反応をしそうな時にピピピー!って笛を鳴らす。

そういったものを作るといいと教えてくれました。

早速私も同じように自分のマスコットキャラみたいなのを頭でイメージして、心の中に住んでいるということを頭の片隅に入れておいたんです。

すると、意識をしているせいというのもあるのでしょうけど、「面倒くさい」とか「もうどうでもいいや」なんて感情が出そうになったとき、すかさず頭に鳴り響いたんです

「ほらでた、そのダメな考え!もうそう考えないって決めただろー!」

「なにがどうでもいいだ、もう諦めないって決めただろーバカちーん!」

そんな言葉と一緒に笛が鳴って「いけない、いけないそうだった!」ってすぐに頭を切り替えられたんです。

これを習慣づけていくことによって私も変われたところがあります。

また、今でもこれのおかげで1つの考え方に囚われず、他の可能性もあるのではないか?

と仕事やプライベートでも何か頭の回転が少し早くなった気がします(笑)

会話中なども「この人はこういう事が言いたいのか」と思考を巡らせると、ピピピー!「もしかしたら全然違う事を本当は言いたいのかもしれないぞ」

こんな風に知らせてくれるようになったんですね。

自分を変える、悪い習慣を止めるっていうのは本当に大変なことだと思います。

でもそんな中で
楽しみながら、遊びながら取り組んでいければ
少しは気が楽になるんじゃないかなと思います。

今回お話した私の話は、自分としてはけっこう楽しみながらやったことなのでいいかもしれませんよ

それでは今回はここまで

本日も頑張ってまいりましょう!

自分を変えることは難しいけれども遊びながら楽しくやれたらいいですよね。もっと様々な心の学びやお話を知りたい方はメルマガ登録コチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ