幸せの種をまいていこう

自分のためでもあり、家族のためでもある仕事を一生懸命やってきたのに…離婚宣告をされた男性がいました。なぜでしょうか。それは幸せの種をまくことを忘れてしまったから…


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

ある一人の男性がいました。

彼は自分の会社を所有し、経営するのが長年の夢でした。

仕事からたくさん学ぶこともあったし、長時間働き、準備を始めました。

それは自分のためだけではなく、家族を養うためであったし、友人や家族は彼のそのチャレンジに理解を示してくれました。

しかし、時が流れ、会社がとうとう軌道に乗り始めた時、彼はある日、妻から離婚の宣告を受けます。

彼は家族に投資する時間を削った結果最終的に損失を被ったのです。

その後、彼は挽回に出ようとします。

彼は家を出て、小さなアパートに引っ越しました。

結婚していた頃は全て妻に任せていましたが、彼なりに努力して、一緒にできる事を考え、楽しい時間を子どもたちと過ごせるように工夫しました。

ですが、子どもたちが中学にはいると、彼が面接権を行使する隔週ごとに父親と会うことに魅力を感じなくなってしまったのです。

そう、子どもたちが本当に彼を必要とした時に、彼はいてあげることができなかったのです。

今お話をした様な事というのは特段珍しいことではないと思います。

多くの人がいろいろな事を犠牲にしているし、それが必要なこともあるかと思います。

今必要ではないかもしれないけど大切なこと

ですが、私達は目の前に見える結果に対してばかりこだわり、結果がすぐに見えないものに対して投資をすることを怠ります。

その多くは力技でどうすることができるというものではなく、時間をかけてじっくり熟成させなくてはいけないものです。

例えば、今日一日家に帰らなくても、妻も子供も普通に次の日は笑顔で笑っていると思います。

友人や遠い家族や仕事の仲間に対しても、今日便りを送らなくても別に次の日は普通にしていると思います。

だけど、それにかまけていると、先ほどの彼のようなブラックマンデーがやってくるかもしれません。

しかし、これは逆に考えれば、
「見えないものに投資する」という事を習慣にすれば、あなたの人生がより豊かなものになるかと思います。

例えば、会社を経営しているなら今やっていることとは別に新商品の開発や新しい市場の開拓を成果が上がらなくても時間をかけて地道に行っていく。

いつも料理を作ってくれている妻に対して、御礼の言葉をかけてみる。

いつかできるかもしれない彼女とのデートのために、新しいお店の開拓をしてみる。

これらは全てすぐに結果が出るものではありません。

ですが、こういう地道な幸せの種まきこそが
あなたの人生をより豊かにしてくれるものだと私は思っています。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っています。

さあ、今日も張り切って行きましょう♪

幸せの種をまくということは様々な可能性を広げていくことに繋がります。もっと様々な心の学びやお話を知りたい方はメルマガ登録コチラから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ