妻に嫌われた場合どうしたら良い?

妻に嫌われた。世の中の結婚している男性の皆様にはとっても嫌な言葉に聞こえてしまうかもしれません。もしも嫌われてしまったというのであれば、そうなってしまった原因を探ることが大切になってきます。もちろん妻に感謝することもとっても大切です


こんにちは、夫婦カウンセラーの佐藤です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

近頃妻がよそよそしい態度をとる。食事を作ってくれない、など、
どう考えても自分のことを無下に扱っている気がしてならない、そんな旦那さんはいませんか?
妻に嫌われた経験を持つ旦那さんって意外と多いものです。

原因に気付く

では、どうして妻に嫌われてしまったのでしょうか。まずは原因に気付く必要があります。
よくある原因の一つに倦怠期が挙げられます。
一般に、心理学上、一人の相手に対して恋心が存続するのが3年と言われています。
その後は、恋愛感情から家族愛へと変わっていくと言われているのです。
倦怠期に入ってしまうと、相手の行動が一つ一つ苛立たしいものになります。
会話はおろか、一緒の空気を吸うのさえいやになるという時期があるのです。
この倦怠期は、しばし時間をおけば自然に解決すると言われているので、少しの時間様子を見てみてもいいかもしれません。

自分を省みる

また、倦怠期は普段の自分の生活態度を省みるチャンスです。
結婚する前はおしゃれにも気を使っていたけれど、結婚してからはおしゃれとは程遠い生活を送っていませんか?
妻と外出する時にヘアスタイルをセットする、家にいる時にはTシャツとパンツというルックスではなく、きちんと洋服を着用する、
休日であっても髭を剃るというように身だしなみを整えてみるのもいいかもしれません。

さらに、気になるのが妻への接し方です。
妻がよそよそしくなった時期よりも前に、妻を邪険に扱っていませんでしたか?
基本的には女の人というのは嫌なことがあっても、腹の内にため込んで我慢する人が多い傾向にあります。
そして、マックスまで溜まると一気に不満を吹き出すという人が多いです。
よくよく考えてみると、奥さんが家事や育児などに追われている間、
自分は仕事ばかりに専念していて家庭を顧みていなかったということはよくあります。
こういう時には、素直に妻に対して謝罪の気持ちを伝えましょう。
その上で、いつも家庭を守ってくれていることに感謝することが大切です。

妻に嫌われて困っている人は、一度冷静に考えて、妻の存在を尊重してあげましょう。
それだけで、妻の態度も和らいでいきますよ。

妻に嫌われてしまった場合についてのお話はいかがでしたか?根本的な夫婦問題についてもっと知りたい方はコチラをどうぞ

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ