離婚したくないのに夫が離婚話をする場合の解決方法

夫婦として生活をしていくなかで、どうしても出てきやすい言葉、離婚。原因となるものは様々あるかと思います。私は離婚したくないのに、夫が離婚を迫ってくる、そんな時どうしたらいいのか解説していきます。


こんにちは、夫婦カウンセラーの佐藤です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

自分は離婚をしたくないのに、夫がかたくなに離婚の話を提案してくる。
一体、二人の間に何が起こっているのか、自分では見当もつかないということが起こります。
こういうとき、どのように解決していけばよいのでしょうか。

基本的なスタンスとしては、第一に、夫が離婚話をしてくる原因を探る必要があります。
一方的に離婚話をされるということは、たまったものじゃありませんよね。
だけど、原因によっては、まだまだ二人の関係を修復する方法は残されています。

●何が原因?

よくある原因の一つに挙げられるのが、二人の性格の不一致です。
「お前とは性格が合わないから、もう一緒に生活できない!離婚だ!」
なんて、旦那さんから言われた日には、とてもショックですよね。
しかし、まだまだ改善の余地がありますよ。
というのも、夫婦生活というのは、赤の他人が生活を営むことです。
まったく同じ人間でないからこそ性格の不一致が起こるのは当然のことです。
ただ、相手方に対する愛情があれば、自分が折れることで相手の考えに一歩歩み寄ることもできます。
確かに、自分の意見を抑え込んで相手を尊重することは、並大抵の努力ではなしえないかもしれません。
だけど、相手との結婚生活を継続したいのであれば、相手の気持ちに添えるように努力してみるのも一つの方法ではないのでしょうか。

●相手が浮気をしたら

次に、多くみられる原因の一つに、相手の浮気が挙げられます。
浮気された上に、離婚されたいと言われるなんて、たまったものではありませんよね。
だけど、自分はまだ夫を愛している。夫婦関係を続けたい。こういう時はどうすれば良いのでしょうか。
まずは二人の間でよく話し合う必要があります。どうして浮気に至ったのか、本当によりを戻せないのかなど、
相手とじっくりと話し合いましょう。そうすることで、単なる火遊びでの浮気だったことが分かるかもしれません。
また浮気と言えども、所詮は恋愛です。はじめの間は燃え上がっていた恋も、時間とともに落ち着きを取り戻します。
そうすると、浮気相手の欠点が目につくようになり、代わりに妻の良い点を思い出すようになるのです。
夫がのぼせ上っている状態で、自分の話を聞きいれてくれない時には、少し距離を取るようにしましょう。
この時、当然のように離婚に応じてはいけませんよ。
そして、夫と浮気相手との関係が落ち着いてきた頃合いを見計らって、再度話し合いの場を持ちます。
一旦、時間を置くことで、夫側の考えも変わり、離婚の話も撤回してくれる可能性が強まりますよ。

離婚したくない、そんな時の対処方法は分かりましたでしょうか。もっと根本的な夫婦問題の解決方法を知りたい方はこちらから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ