回避性人格障害の有効的な治療法とは!?

回避性人格障害という症状にも有効な治療法というものは存在します。ですがその治療は容易なものではなく、どれくらいで成果があらわれるかというところは個人差によって変わってくるところではあります。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、回避性人格障害に対して有効といわれている治療法について、お話したいと思います。

人と交わることに恐怖を感じ、常に人を避けたいというのが回避性人格障害です。

その治療は容易なものではなく、成果があらわれるか否か、
どれくらいで成果があらわれるかということも含めて個人差が大きいのですが、有効といわれている治療法はやはり存在します。

●どんな治療法があるのか

そのうちのひとつが、集団で行われるグループ療法です。

複数の患者同士で顔を合わせ、自己主張をするトレーニングをしたり、会話のトレーニングをします。

回避性人格障害の人は、他人と交流を持つと、相手が自分を拒絶したり、嘲笑したりするのではないか……

という不安を常に強く持っており、それが心配であるがゆえに人との交流を回避しようとしますが、
集団でのトレーニングを行うことで、自己主張をしたとしても拒絶されない、嘲笑されない、という経験を積んでいくのです。

しかしこれは、実際に医者やカウンセラー以外の他人と交わる必要のある治療法ですので、
それが可能なクライアントさんにしか適用することはできません。

このほかには、回避性人格障害の人が抱えている、
「自分は社会的に不必要な人間だ、無価値な人間だ」という認知の歪みを修整するための認知療法や、
コーチングの一種であるソーシャルスキルトレーニングなど、その人の症状や度合いにあわせたさまざまなアプローチが行われます。

カウンセリングや精神科などで行われる治療のほかに、投薬治療が行われる場合もあります。

これは、回避性人格障害にうつ症状などが伴う場合に、抗うつ薬をはじめとする適切な薬が処方されるもので、
これもクライアントさんの症状の如何によっては非常に有効な方法です。

これらの治療は、家の外でだけ行われても効果が半減してしまいます。

治療するときは、家庭内においても、常に自分の価値は決して低くは無いのだと意識したり、生活習慣を改善して規則正しい生活を手に入れたりする必要があるのです。

自分には価値がない…とおっしゃるクライアントさんは確かに多くいらっしゃいます。

でも誰一人としてそんなことはないんです。その人が持っている価値や可能性は無限大です。

あとは使うだけなんですね。

そんなことを言われても、とか、でも… とか
何か自分で自分の評価を下げる言葉や理由がいっぱいでてきてしまうのは分かります。

そんな時どうしたらいいのかという方法は、カウンセラーが様々知っています。

ですので、勇気を出して、ご相談いただきたいなと思っています。

回避性人格障害の有効的な治療法についていかがでしたか。心の問題を乗り越え自分を幸せにしていくヒントをもっと知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ