双極性障害ってどんな症状?

双極性障害という症状のことをご存知でしょうか。過去に躁うつ病と呼ばれたものがこれになります。普段の生活で落ち込むことや嬉しくてハイな気分になることは誰でもあると思いますが、この症状は落ち込んでいる状態を時間が解決してくれないのです。


こんにちは、心理カウンセラーのサチです。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

“双極性障害”という言葉に、なじみのない方もいらっしゃると思います。
双極性障害は、過去、“躁うつ病”と言われたものの、新しい呼び方です。

うつ病は、抑うつの1方向だけがあらわれますが、
双極性障害は、“躁状態”と“うつ状態”という、2つの波があらわれます。
(ときに、躁とうつが同時にあらわれることも。)

人間は、普段の生活でも、落ち込むことや気分がハイになることはあります。
通常ある落ち込みやハイな気分と、双極性障害の躁状態・うつ状態とは、どう違うのでしょうか?

双極性障害の“うつ状態”は、落ち込んだ状態が、少なくとも1、2週間以上続き、
日常生活を送るのが難しくなる、ひどいときは自殺を考えたりすることで、
本人はとてもつらいうえに、普通の落ち込みのような、時間が解決するということもありません。

それより、みなさんに馴染みがないのが、“躁状態”ではないでしょうか?
“躁状態”は、症状が激しいほど、ときに窃盗や暴力といった、社会的逸脱行為・犯罪行為を起こしたり、
性的逸脱、破産するほどの買い物といった、社会的逸脱行為に走ってしまうことがありますが、
本来の本人の人格とかけ離れていて、周囲を驚かせるようなことも。
そこまで激しくない、“軽躁状態”もありますが、こちらも“絶好調”と感じるので、
仕事などで無理をしてしまっているのに、気づかないことも、往々にしてあります。
このような状態が、少なくとも数日以上続くことが、双極性障害の“躁状態”であると言えるでしょう。

また、双極性障害には、Ⅰ型とⅡ型があります。
Ⅰ型もⅡ型も、躁とうつの繰り返しをあらわれ、うつ状態のときは、
どちらも同じような症状なのですが、2者の違いは、躁状態の度合いの違いにあります。

《双極性障害Ⅰ型》
Ⅰ型は、“躁状態”が激しくあらわれることで、犯罪や性的逸脱など、取り返しのつかない行為に及んでしまったり、
社会的信用をなくすような言動をして、職を失うなど、本人だけでなく、周囲までも不利益となりうるのが、大きな特徴です。
“躁状態”でも“うつ状態”でも、症状が重い場合は、幻聴や妄想などを呈し、
入院措置が取られる場合もありますが、適切な治療を受けることで、その波も穏やかになっていきます。

《双極性障害Ⅱ型》
一方、Ⅱ型は、“躁状態”がⅠ型より軽く、自分も周囲も大きく困ることは。あまりありません。
“うつ状態”の期間の方が長いことが多く、むしろ、“軽躁状態”の方が、心身の調子が良いので、当人は待ち望んでいるくらいなのです。
とはいえ、“躁状態”に困って、クリニックを受診することがないため、うつ病と誤診され、
間違った投薬のために、症状が深刻化することが珍しくなく、
家族や周囲は、慎重に見守る必要があるでしょう。

双極性障害の症状については分かりましたでしょうか。心がほっとするような話をもっと聞きたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ