アダルトチルドレンって何?その原因とは

アダルトチルドレンという言葉を聞いたことはありますか?これはトラウマを抱えたまま成人になった人の事を言います。ではどうしてその症状になってしまったのか、その原因について解説していきます


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

現代、多くの人が抱える重要な心の問題のひとつに、「アダルトチルドレン」があります。

その症状を身近に感じている方もいれば、名前だけは聞いたことがある…という方もおられると思います。

そこで、今回は、アダルトチルドレンとは一体何のことなのか? その基本的なところを見ていきたいと思います。

アダルトチルドレンとは、「機能不全家族」に育ち、そのことが原因の心的外傷(トラウマ)を抱えたまま成人になった人のことを言います。

「機能不全家族」といわれれば難しい感じがしますが、元々はアルコール依存症の親を持ち、正常な育児がなされなかった家庭について、そう呼ばれていたようです。

現在では、正常な育児がなされないケースはアルコール依存だけではなく、虐待をはじめとするさまざまな家庭問題も、その一部に挙げられているんですね。

こうした何らかの原因から、親が子どもに対して適切な育児、サポートをしてあげることができず、結果として、その子が大人になっても自己評価の低い、周囲とうまく人間関係を築けない……という問題を抱えてしまう。

これがアダルトチルドレンです。

ですから、

アダルトチルドレンは、病名ではありません。

心の問題のひとつではあるのですが、病気という扱いではないんですね。

病気ではないのですが、やはり症状があります。

代表的なものでは、自分に正当な価値を感じられない。

或いは、表面上は他人とうまくやっていけているように見えて、関係が深くなるにつれ相手を信頼できなくなったり、反対に異常なまでに依存してしまい、最終的に人間関係を壊してしまう。

人からの評価が異常に気になる。自分はダメだと思うあまり、自傷など自分を傷つける行為に走ってしまう……など、その症状にはさまざまなものがあります。

いずれのケースも、幼少期に家庭の中で尊重されずに育ったことが原因で、認知機能が歪んでしまうことが、アダルトチルドレンの症状の原因なんですね。

従って、適切な治療やカウンセリングで、認知機能の歪みを修整することで、アダルトチルドレンから回復する例もたくさんあるんですね。

もちろん一朝一夕に回復する話ではありませんが、アダルトチルドレンに向き合うことが、その回復の第一歩。

今、問題を抱えたり、自覚している方は、是非勇気をだして、その問題に向き合ってみてくださいね。

回復させるためにはいくつか大切なポイントがあります。

ご自身が抱えている場合は、自覚し、それを受け入れてあげること。

次に信頼できる相談相手も大切になってきます。

ご家族や友人では難しい場合は是非カウンセラーなどを頼ってみてくださいね。

なかなか自分一人では改善が難しいものになってくるからなんですね。

ですが改善できるものなんです。

なので諦めないで是非取り組んでいただきたいと思います。

アダルトチルドレンになってしまう原因はわかりましたでしょうか。不安に負けない心を作っていきたいという方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ