機能不全家族で育った人が幸せになる方法

機能不全家族なんて言葉を聞いたことはあるでしょうか。これはアダルトチルドレンという症状を刺す言葉でもあるんですね。そんな環境で育っても幸せになる方法があります。そのためにもこの状態を知っていただきたいと思います。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

アダルトチルドレンという言葉を聞いたことがある人もいるでしょうし、
私はアダルトチルドレンだ……という人もいらっしゃるでしょう。

アダルトチルドレンは、機能不全家族といわれる、
家族としての機能をきちんと果たすことのできなかった家庭に育ち、
心に歪みを抱えたまま大人になった人のこと、あるいはその症状のことを指す言葉です。

現在の定義では病気ではありませんが、他人の好意を好意として受け取れなかったり、
自分を卑下する傾向が強かったりするために、なかなか幸せを感じる生活を送りづらいというのが実情なんですね。

そこで、今回は、機能不全家族で育った人が幸せになる方法について、考えてみたいと思います。

アダルトチルドレンは改善していける

アダルトチルドレンが、幸せな生活を送るためには、
なんといってもアダルトチルドレンの症状を、少しずつでもやわらげていくことが大切です。

何故ならば、アダルトチルドレンの症状とは、幸せを幸せだと感じられないようにしてしまう、
感情や認知の「歪み」そのものだからです。
もちろん、それは簡単なことではありませんし、
アダルトチルドレンや、その家族や近親者の中には、
「アダルトチルドレンは治らない」と考えている人も、たくさんいます。

心の学びを続けていくことで少しずつ変化が起きていきます

しかし、アダルトチルドレンではない人のことも、考えてみましょう。
例えば、数年前まで全然興味のなかった音楽や俳優に、数年後はまってしまうことはありませんか? 
それに、しばらく前までとてもおいしくないと思い込んでいた食べ物が、いつの間にか食べられるようになることは? 

アダルトチルドレンの症状は、これと似た、認知の歪みです。感情や認知の変化によって、改善し、変化します。

そしてアダルトチルドレンの方は、「自分には価値がない」「自分は人から好かれない」「自分は無力だ」というビリーフ(信念)を持っている方が多くいらっしゃいます。

そういうところを、心の学びを通して、一歩ずつ修正していくことができます。

ですから、治らないことはないと信じ、一歩ずつ改善に取り組むことが大切なのです。

そして大切なのは、やはり信頼できる他者との出会いと関わりです。
アダルトチルドレンは、本人の努力だけでは改善が難しいもの。
そして、アダルトチルドレンにとって人を信頼するということは大変難しく、
根気よく信頼させてくれる人の存在が欠かせません。

ここが本当に難しい点と言われるところではあるんですね。
もしあなたの周りにこのような症状で苦しんでいる方がいるならば
手をさし伸ばしてあげてほしいと思います。

本人の、改善への意志と決意、そして信頼できるひと、このふたつが揃ったとき、
アダルトチルドレンの症状は改善へと向かい、幸せを感じる日々はきっと訪れることでしょう。

誰にでも幸せになる権利があります。
過去に辛い経験をしたことがあったとしても、過去は過去です。
それをずっと引きずったまま、いつまでも辛い気持ちを抱えて生きていくのはしんどいことです。
むしろそんなことをする必要はないのです。
自分の幸せ、どうすれば幸せになれるのか、そんなことを考えて
自分の望む未来へ進んでいっていただきたいと思うばかりです。

機能不全家族についてわかりましたでしょうか。自分らしい人生を歩んでいくためのヒントや心の学びを得たい方はこちらから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ