アダルトチルドレンの恋人や友人との上手な接し方とは?

友人にアダルトチルドレンがいるという方もいらっしゃると思います。接し方が分からず困っているというお悩みも聞きます。まずはアダルトチルドレンというものを知っていただくことから上手な接し方が見えてくると思います。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

とある有名な雑誌の見出しに、最近「一億総チルドレン」などというフレーズが出ましたが、
そうでなくても一説によれば、日本人のおよそ6割がアダルトチルドレンの傾向を持った人であるといいます。

アダルトチルドレンとして深刻な症状を抱えた人は、それほどの数とは言えませんが、
身近にアダルトチルドレンの恋人や友人がいる、という人は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな場合に、どのように接するのが良いのか? ということを考えてみたいと思います。

アダルトチルドレンに共通していることで、最も留意しておきたいことは、
アダルトチルドレンは人との信頼関係を築くことがとても難しい、ということなんですね。

アダルトチルドレンであることを理解し、受け入れてあげる

アダルトチルドレンは、幼少期に何かしらの問題がある家庭で育ったゆえに、
自己肯定感が非常に薄く、自分が嫌われるのではないか?という疑いや、
だまされるのではないか? という警戒心を常に持っています。

ですから、アダルトチルドレンでない人同士で、悪ふざけや冗談の範囲で済まされる小さなウソやドッキリ、
暴言といったことが、アダルトチルドレンにとっては大きな衝撃を伴う裏切りになってしまう場合があります。

従って、ふざけてだましたりしないということと、同時に、言葉と行動の双方で、こちらから信頼関係を持ちかけることが大切です。

言葉だけ、または行動だけでは、アダルトチルドレンの疑いのまなざしを和らげることは困難でしょう。

また、アダルトチルドレンの考えを否定せず、受け入れるのも、大切なことです。

偏った考え方をするのは、アダルトチルドレンの主な症状でもあるからなんですね。

その考え方を否定してしまうと、アダルトチルドレンにとっては、人格を否定されたのと同じこととなり、症状を悪化させたり、とても落ち込む原因になります。

信頼関係が大切

同時に、そうでない人が予想もできないようなところで急に怒り出したり、
感情が不安定になることがあるのもアダルトチルドレンの特徴ですが、
これも受け入れてあげることで徐々に信頼関係が築かれていきます。

アダルトチルドレンの症状は、そうでない人にとっては予測不可能で、
信じがたいこともあり、時には「こんなことで……」と感じられることもあるでしょう。

しかし、その症状に一番苦しんでいるのは、アダルトチルドレンの本人なんですね。

友人、あるいは恋人でいるのなら、時間をかけて信頼関係を築けるような心配りは、必要不可欠なのです。

あなたにとって、本当に大切な人ならばきっと、なんとかしてあげたいという思いを持つかと思います。

時に疲れることもあるかもしれません。時にはあなたの話を聞いてくれないかもしれません。

ですがそこで投げ出さず、協力してあげてください。何よりも苦しんでいるのは本人なのです。

愛のベクトルを相手に向け、慈しんであげてほしいと私は願います。

何か良い方法があるかと聞かれたら、心の学びというものに触れてみるということです。

心の学びは自分の視野を広げてくれるものであり、自分の心の状態を良くしていくこともできます。

今まさに悩みを抱えているというような方ならぜひ触れてみてください

アダルトチルドレンの症状を抱えた方への接し方は分かりましたか。心の問題を取り除いて自分らしく生きていく方法を知りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ