アダルトチルドレンと家族との適切な関係とは?

家族の中にアダルトチルドレンと診断された方がいる。そんな時どう接していけばいいかで悩んでいる方達が多くいるんですね。今回はアダルトチルドレンと家族の接し方や関係についてフォーカスします


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

アダルトチルドレンの症状を抱える人の多くが、家族との関係について悩んでいることと思います。
アダルトチルドレンとは、元々が「機能不全家族」、
つまり家族の役割を果たし切れていない家族を原因として生まれてしまう症状ですから、
そもそもが家族と適切な関係を築くのが非常に難しいんですね。

でも、アダルトチルドレンの症状を抱えていたとしても、
いずれ恋愛をしたり結婚をして、新しい家族を持つ……というときに、
家族との適切な関係の築き方を覚えておかなければ、
新しい家族との関係も危ういものとなってしまうんですね。

そこで今回は、アダルトチルドレンが家族とどのような関係を築けば、
幸せな生活を送れるのか?というところを、考えてみたいと思います。

自分と親の関係を見つめなおす

アダルトチルドレンは、そもそもが自分と、自分の親との間にあった関係の歪みから引き起こされる心の問題です。
従って、アダルトチルドレンの傾向から抜け出すためには、
まず自分と、自分の親との関係を、冷静に、第三者的な目線から見つめ直す必要があるんですね。

アダルトチルドレンの歪んだ価値観は、親からの歪んだ干渉によって支配されていたことで作り上げられています。、
そのため、親から独立することは大切な一歩なんですね。

しかし一方で、親のことをなかったことにしてしまったり、
逃げ回ったり、絶縁状態で思い出すことすら避けてしまうと、
アダルトチルドレンから回復することは難しくなってくるんですね。
自分の親のことは、客観的に冷静に把握するようにしなくてはなりません。文章にして記録するのも有効です。

一方で、アダルトチルドレンである本人に、
何の基盤も安定もなく親のことを思い浮かべることは、思ったよりも大きな苦痛になるものです。
同時進行で、没頭できる趣味を持ったり、アダルトチルドレンのことを相談したり、
カミングアウトできる信頼できる人との関係を築いていくことが重要なんですね。

悪い連鎖を断ち切る

アダルトチルドレンや機能不全家族は、世代間で連鎖しやすいといわれています。
アダルトチルドレンの症状を強く抱えたまま、新しい家族を作っても、
自分の子どもを新しいアダルトチルドレンにしてしまう可能性もあるんですね。

ですから、新しい家族を作る段階に至ったとしても、ご自分の主観だけではなく、
第三者的な目線で自分と、家族との関係を常に把握しておくことが大切です。
そのためにも是非自分の親との関係を見つめ直し、連鎖を断ち切っていただきたいと切に願います。

親から受けた影響というのはとても大きく残ります。
自分はこう育ってきたから…と、つい真似をしがちというか、意識せずに自然と
そうしてしまうことが多々あったりします。
物の価値観についても育った環境というのはとても大きく
パートナーとの喧嘩の種にもなりがちなんですね。

だからこそ第三者的な目線が本当に大切になってきます。
たまご焼きが甘いかしょっぱいかなんてことで喧嘩したくないですしね

家庭を持つという段階で自分の中に抱えている悩み事は
やはりパートナーと沢山会話をしてコミュニケーションをしっかりととっていただきたいと思います。
それこそが幸せな家庭を築くための大切なことになってきますからね。

アダルトチルドレンと家族についての話はいかがでしたか。不安に負けない心作りたい方はこちらから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ