アダルトチルドレンの症状や特徴とは?

アダルトチルドレンという言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。今回はこのテーマにフォーカスしてその症状や特徴を見ていきましょう。そして知ることで克服方法も見えてきます。


こんにちは。心理カウンセラーの深海です。

さまざまな人が抱える心の問題の中でも、時折耳にすることのあるアダルトチルドレン。
今日はその症状や特徴について、お話ししたいと思います。

アダルトチルドレンになった原因とは?

アダルトチルドレンの症状は、本人にとってとても辛いものです。
その原因は幼少期にあります。親から適切な愛され方をしなかったために、
認知機能が歪んでしまい、大人になってからのさまざまな症状に繋がっていくんですね。

アダルトチルドレンは、他人から愛されている実感が持てず、
自分を愛しているという他人のことも信頼できないんですね。
ですから、友人関係、恋人関係を問わず、
安定した人間関係を築くことがとても難しくなってしまいます。

他人に尽くすことで他人から愛されようとする傾向もあるため、
過剰に相手に尽くして却って人間関係を終わらせてしまうことさえもあるんですね。
嫌われることが怖くて本当のことが言えず、対人関係がうまくいかないのも、アダルトチルドレンの症状のひとつ。
また、過度の完璧主義もその特徴であるといわれています。

アダルトチルドレンそのものは、病気ではなく考え方の問題なのですが、
この脅迫的な考え方が原因で、ほかの病気、例えば統合失調症といった病を招いてしまうことがあるんですね。
また、ボーダーライン(境界性)人格障害といって、
自傷行為や自殺のそぶりなどで自分を傷つけたり、
見捨てられまいと極端な行動に走るような精神疾患を患うことも多いようです。

アダルトチルドレンという症状を理解する

いずれの場合も、アダルトチルドレンの症状を抱えるのは苦しいものです。
本人は回復にむけての努力を必要とすると共に、周囲の人からの理解が必要です。
何よりも、子どもの頃に愛されることが足りず育ったアダルトチルドレンには、
大きな愛で包まれることが必要不可欠になってくるんですね。

そういった子供時代を過ごし、今にいたるまでに
「自分の話を聞いてくれない」という辛い経験をしてきたことも大きなポイントです。
両親に自分のことを話しても、ちゃんと聞いてくれない。だから私のことを愛してくれないんだと
いった気持ちを持ちやすくなってしまうんですね。

社会に出て、そういったことから他人に恐怖を覚えたりして
コミュニケーションが上手にとれないから、どこか職場で浮いてしまって…
という話もよく聞きます。そういったことを繰り返していってしまうと
やはり自分には価値がないといった考え方や自分には自信がないという思いに至りやすいんですね。

だからこそ理解することが大切なんです。

満たされない子どもの部分を抱えながら大人になってしまったけれども、
もしもあなたの大切な人がアダルトチルドレンの症状で悩んでいるなら、
その悩みごと、愛してあげてほしいと祈ってやみません。

アダルトチルドレンの症状や特徴についてはいかがでしたか。心が元気になるような話をもっと聞きたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ