ミッドポイントを知り、自分を受け入れる。そして変える

人は成熟していくと考えがある時のままで止まってしまうことがあります。それは成功者であってもありえることなんですね。年齢を重ねていった時、ある振り返りポイントにたどり着くことができます。そこで新しい自分になるために、今までの自分を受け入れる。そして変える。これが大切なことなんです。


おはようございます、
橘心理SALONの平井です。

今日の記事は私が担当させていただきますね。

多くのクライアントさんを見ていて思ったのは、40代、50代の方の悩みが一番深いということです。

それはその時点で社会的に上手くいっている人も、いってない人も両方です。

なぜ、そうなるかということを自分の中で、いくつか仮説を立てていたのですが、この前、物語の法則についての本を読んでいたら、また違った次元で一つの面白い気づきが得られました。

それは、物語の法則の中で、40代、50代は過去の自分から生まれ変わりが必要な時期であるからです・・・・。

○ミッドポイントは今まで上手く行っていたことが否定される時期

CD講座5枚目で、ヒーローズ・ジャーニーという人間の一生を物語の流れで捉えると、面白い気づきを得られるという話を橘がしたと思います。

あの流れは人生の中で何巡もするわけですが、大きな流れでミッドポイントと呼ばれるちょうど中間地点にいままでの自分が否定される時期があるのです。

魔女の宅急便だったら、自分が苦労して届けた荷物(仕事)が喜ばれないという「挫折」を経験します。

ここがちょうどミッドポイント。

ここから魔法が使えなくなり、そして新しい自分が作られていくという展開がやってくるのですが、40代、50代では同じようなことが人生で起こりやすいですね。

例えばそれは、仕事がうまくいっていると思ったのにいきなりの離婚だったり、なんとなく自分の限界が見えてしまった時期だったり、スポーツ選手だったら体力の限界だったり。

20代、30代現場の一線でがんばってきたのにいきなり管理職になったり。

新しく入ってきた社員はうまく出来るのに自分はできない。

といままで上手くいっていたことがことごとく否定されてしまう時期なのです。

人間の平均寿命は80~90ぐらいですので、まさに人生におけるミッドポイントですね。

過去の自分を受け入れ、新しい自分を生きてみよう

ではどうすれば良いかといえば、過去の自分の成功法則を一旦忘れて、(うまくいかない自分を受け入れ)

新しい自分を最初から作り始めれば良いのです。

それはまるであなたがまだ20代で社会にはじめの一歩を踏み出した時、そしてまだよくわからなくて、よちよち歩きをしていた時期。

あの時の生みの苦しみです。

過去のプライドがいろいろあって、カッコ悪いなぁと自分を思う時もあるでしょう。

なんでこんなことをと思うこともあるでしょう。

だからこそ難しくもあり、達成した人はまさに一皮むける。

そういう人をクライアントさんの中に沢山見てきました。

そして40代、50代は過去の自分が通用しなくなるのを受け入れ、新しい自分を作り始める最高の時でもあるのだと思います。

もちろん、これは一つの仮説ですので、あなたには当てはまらないかもしれません。

ですが、頭の体操だと思って、あなたの人生が上手くいくための一つの参考になれば幸いです。

あなたに幸せが降り注ぐことを祈っております。

それでは、今日も張り切って行きましょう♪

今の自分を受け入れる、そして変えたい。方法を知りたい方は無料メルマガ登録!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ