パニック障害やパニック発作って何!?

パニック障害やパニック発作といった言葉を聞いたことはあるでしょうか?最近こういった症状で悩まれている方が数多くいらっしゃるんです。今回はそれってどういう症状なのかについてをお話していきます。


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回はこちらもご相談の多い、不安神経症のひとつである、「パニック障害」

「パニック障害」とは一体、どういうものなのかお話したいと思います。

パニック障害の発作は、強い動悸、息切れ、冷や汗などの身体に起こる急な変化や、
「死んでしまうのではないか!?」というぐらい強烈な不安という思いが形になってあらわれます。

このような状態を「パニック発作」と呼びます。
10分以内といった短い時間、そうした非常に強い感覚に襲われ、
あとは何事もなかったかのように、収まってしまいます。

1時間ほどあれば完全に発作は去ってしまい、
病院に行っても、そのときは既に異常はないことがほとんどだったりするんですね

パニック発作を繰り返すことで、「人前で発作が起きたら、恥ずかしい」等といった思いとあいまって、
逃げ場の無い場所に出て行くのを嫌がるようになります。

電車の中など、逃げ場がなくて閉鎖的な空間、
人がたくさんいる場所に出かけられなくなる……これを、広場恐怖といいます。
これらの事柄によって、日常生活をスムーズに送れなくなってしまうのが、パニック障害と言われているんですね。

パニック障害の原因としては、様々なことが言われていますが、
パニック発作そのものは、心のバランスが崩れることによって、起きていると考えられています。

パニック障害に、特別な原因や切っ掛けは無いことがほとんどです。
もしあったとするならば、心のどこかに抱えている問題が大きくなりすぎて
こういった事が起こっていることが多いんですね。

対策方法としてはやはり不安に負けない心を作っていくこと。
日頃から自分に自信を持てるようなことを心がけてあげるといいんですね。
困っている人を見つけたら、「大丈夫ですか?」って声をかけてあげるように
その言葉を自分にかけてあげて、自分自身とお話してみるのもいいと思います。

もしも、あなたの親しい方がパニック発作を起こしてしまったら、
人気のないほうにつれて行ってあげたり、両手を握って「大丈夫だよ」と声をかけてあげることも有効な手段です。
もしもそれがご家族であれば、共に理解してあげること、これがとても大切だと思います。

パニック障害からはちゃんと立ち直ることが出来ます。

もしも仮にご自分がそうだと言われてしまったとしても
「もうダメだ」って思うんじゃなくて「直るから大丈夫」って思ってあげてくださいね。

不安障害やパニック発作についてもっと知りたい方や不安やパニックに負けない強い心を作りたい方はこちらから無料メルマガ登録!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ