おうちでできる不安神経症のホームケア♪

不安神経症と診断されてしまった。でもそこで出来ることがいくつかあります。それは自宅でできる心のケアなんですね。そしてとっても大切なことなんです。今回はそういったケアのご紹介をしていきます。


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

不安神経症とお医者様に診断されてしまった……
そんなとき、もちろん、お医者様のお話を聞くことが大切です。

しかしそれと同じくらいに大切なのが、家でできる
不安神経症のケア、ホームケアなんですね。

今回は、不安神経症のホームケアにはどのようなものがあるのか、お話していきます。

不安神経症の特徴の第一に挙げられるのが、その名前のとおり「不安を感じること」なのですが、
不安神経症のホームケアで最も大切なのは、その不安を「あってよいもの」として受け止めることです。

不安神経症という心の問題で苦しんでいる方の中には、
人間が普段の生活の中でごく普通に感じるべき不安さえも、
「あってはならないもの」として考えてしまったりすることが多いんですね。

不安や恐怖が頭から離れないようなときに、
その不安に対して怒りを感じたり、パニックになるのではなく、
「これは普通のことなんだ」「いつもの不安がやってきた!」と、
不安な感情を認めてあげることで、不安の感情がやわらいでくるんですね。

続いて大切なのは、

生活習慣を見直してみることです

食事量も少なく、起床時間、就寝時間も安定せず、睡眠時間も短い……というような生活では、
今の状態から良くするという道を自ら遠ざけていると言わざるを得ないんですね。。

起床時間、就寝時間を決め、きちんとした睡眠時間を確保することは、現在の状況改善のためにはとても大切です。
もちろん、お仕事等で忙しかったり、厳しい場面もあると思いますが、できる範囲で規則正しい生活を定着させることが大切なんですね。

他にも、不安を家族や友人といった、理解のある人へ話してみることや、
ストレッチやヨガなどで体をゆっくりと動かすことなど、できる範囲内で住環境などを変えてみること、
などが不安神経症のホームケアに挙げられています。

こうした心の問題に対するケアは、四六時中行われていてよいものです。
是非ホームケアを実行し、安定した心理状態を
少しでも長く保てるといった環境づくりをお勧めいたします。

家族で一丸となって取り組んでいくなんてことができたら
本当に理想的な環境を作っていくことができるのではないかなと思います。
不安神経症の度合いによって接し方なんかも変わってくることもありますので
お医者様に相談してから取り組むことでもっと効果的な接し方ができてくると思います。

自宅で出来る不安神経症のホームケアいかがでしたか。不安を取り除き自分らしい人生を送りたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ