不安神経症から仕事復帰するポイント

不安神経症と診断され、お仕事を休職するというお話は確かによく聞きます。では仕事復帰をするにあたっては注意してほしいポイントがあるんですね。今回はそういったお話をしていきます。


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

社会人の方が、不安神経症と診断されてしまったとき、
症状の緩和のためにお仕事を休職されることは、よくありますね。

これは、仕事で抱えている責任や、仕事の忙しさなどがストレスとなり、不安神経症を引き起こしたり、
症状を悪化させたりすることから、効果的な対策と考えることができます。

では、今度は仕事復帰のポイントというのはどういうことでしょうか?

注意点のひとつは、

仕事量をよく検討してから復帰する

ということです。
不安神経症の原因で多いのは、仕事の「量が多すぎた」ため、一人で抱え込みすぎてしまい、
その結果として不安神経症の症状が出るに至った、というものです。

不安神経症を患ってしまった多くの方は、ごく真面目な方が多いため、
職場復帰というと以前と同じ仕事量をこなすことを想像する方が多いのですが、
それが多すぎたがために不安神経症の発症を招いたのだ……ということにどうか留意して

復帰前によくよく検討し、上司などと相談してみてください。

人によっては、異動がきっかけで不安神経症の症状を呈する方もいらっしゃるようです。
その場合には、仕事の時間や量だけを問題にするのではなく、
もとの部署に戻してもらうというような対策も有効でしょう。

もうひとつの注意点は

職場に自分が相談できる環境を確保しておく

ということです。
引き続き仕事をしていくためには、再び不安神経症の症状が悪化し、再度の休職……となることがないよう、
上司や同僚に気軽に相談できる環境を確保しましょう。

会社によっては、相談室などを設けている場合もありますが、まだまだ浸透していないのが現実なんですね。
そのような専門機関のない会社では、同じ部署の中だけでも連携を強化し、
仕事の環境について相談してもよいということを確認しておくと、安心して復職することができるかなと思います。

心の問題についての理解が深い会社もあるにはありますが
なかなか受け入れてもらえない、理解してもらえないという現状があるのは確かです。
色々と相談できる同僚や上司がいると少し楽になるかと思いますので
そういったことを話せる環境を作っておくというのは大切になってくるかもしれませんね。

不安神経症から仕事復帰にむけての話はいかがでしたか。仕事のストレスに負けない心を手に入れたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ