不安神経症は本当に完治するのでしょうか?

「自分は〇〇といった病気だ。本当に直るのかな…完治するのかな」と不安に思う事って誰かしらあると思います。人間の体と言うのは凄く不思議で、どう考えるかによって病気にも大きな変化が出るんです。今回は不安神経症にフォーカスしてみたお話です。


こんにちは、心理カウンセラーの深海です。
MakeYouSmileマガジン!に投稿させていただきます。

今回は、皆様からいただく質問の中でおそらく一番聞かれる、
「〇〇は本当に直るの?完治するの?」という質問についてお話していきます。
今回は不安神経症にあてて、みていきますね。

不安神経症は、たとえば風邪や骨折に比べて、目に見えるものが少なく、
完直までにたくさんの時間がかかります。そのため、「本当に直るのか?完治するのか?」
「一生、直らないんじゃないか……」
という不安を抱えている方はたくさんいらっしゃるんですね。
特に「自分はもう何年も悩んでいるんだ」という方は本当にそう思ってしまうんですね。

ですが一つ言えることは、
あなたが自ら立ち直ろうとしない限りそこに自立はやってこないのです。

そして心とカラダはつながっており、

まずは自分の

立ち直ろうという気持ちが最初の一歩だということです。

それはお医者さまにもカウンセラーにもできないことです。

精神論かよ!って思われるかもしれませんが、
それが現実です。そして人間が本来持っている直癒力というものは、底知れないものがあります。

特に精神状態や心の問題ということになると、精神的な直癒力が非常に重要になってくるんですね。
それはつまり、「直らないかもしれない……」と不安に思うことや、「どうせ直らない」と思う気持などが、
直療の大変な妨げになる、ジャマをしちゃってる状態なんですね。

自分を信じてあげる

不安神経症という心の問題を解決する方法は色々あります。
解決までの期間も人それぞれだと思います。
ただ、どの人にもいえるのは、まず自分を信じること。

そしてその上でお医者様やカウンセラーがいるのです。

そしてリラックスして癒されながら時間を過ごすこと、この2つが大切ということなんですね。
「自分を信じる」ことは、不安神経症という心の問題を解決する、最初の一歩である、とも言えるのです。

先ほども書きましたが「どうせ直らない」といった感情を持ったままにしていると
普段の生活の中でもどんどんマイナス方向へ思考が行ってしまうんですね。
この症状で悩んでいる方だけではなく、多くの方に言えることでもあるんですね。

人間の脳は例えばぼーっとしている時でもマイナスのことを考え出すと
どんどんそっちの方向に落ちやすい傾向にあるんですね。
だから自分を信じてあげることが本当に大切になってくるんですね。

心の問題を抱えている方によくある傾向として、
視野が非常にせまくなりやすいんですね。だから悪い方向へ考え出すと
そうとしか考えられなくなってしまう。
本当はそんなことないのに、もっと色々な可能性があるのに。
だから普段から自分の視野を広く持つということも大切なことになってくるんですね。

不安神経症が完治するのかどうか、あなたの気持ちが大切です。もっと強い心や考え方を手に入れたい方はこちら

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ