人に与えることが自分を励ますことに繋がる

自分を励ますことは難しいことですよね、ですが簡単な方法があります。人を励ましたり応援したりしていると、不思議と自分も応援されているような気持になったことはないでしょうか。それが自分を励ますことに繋がっていく。今回はそういったお話をしていきます。


おはようございます。
橘心理SALONの寺元です。

気温の高い日はあづい~とダレてしまうことも多かったりしますね。
皆さんは大丈夫ですか?

汗をかくと水分の他に色々な栄養素も出てしまうので
個人的なオススメは麦茶ですね。香ばしくて美味しいですし^^

まだ自分が小さかったころは母が透明な縦長のボトルビンに
麦茶を作って冷蔵庫に入れてくれました。遊んで帰ってきて
その飲む一杯が格別なんですよね。
かの有名な?めんつゆトラップもしっかり供えられていたので
一口飲んで、ブッっとなったのもいい記憶です(笑)

さて、日々仕事をしている中で
CDについて詳しく内容を教えてほしいという
お客様からのお問い合わせがけっこうあるんですが、
それについてお答えさせていただく度に凄く感謝するんです。
今回はこの事についてお話させていただきます。

人に与えると自分に返ってくる

多くのお客様に共通していることは
やはり今の自分を変えたいと思っていたり、
自分は〇〇という病気を持っていて…とか
本当に今しんどくてなんとかしたいといった
お悩みを持っているということなんですね。

そして私はそのお客様のお話を聞かせてもらって
CDについての説明をさせていただくのですが

私は1枚目のCDの中にどんな内容が入っているかを
分かっているから、それを説明すればいいんだ。
って最初は思っていたんです。

しかし、お客様と会話していく中で
励ましの言葉をかけたり、こうすると上手くいくかもしれませんのような
言葉をかけていくと、何か逆に自分の気持ちも変わっていくというか
励ましているのに、励まされている感覚になってくるんですね。

温かい気持ちになったり、
電話してきてくれて本当にありがとうございますといった
感謝の気持ちがどんどん芽生えてくるんですね。

もちろん電話だけではありません。、
CD講座を聞いた感想のメールやお手紙からも
凄いパワーをもらえて、その内容が以前よりも良くなった、とか
大きな変化がありました!のような
プラスの言葉で埋め尽くされていたりしたら
もう嬉しくて感謝でいっぱいになります。

なんか良い仕事させていただいているなぁ、
感謝だなぁ…って実感したときは、
なんだか元気がない日や、ちょっと気分が下がっている時でも
体からエネルギーが溢れてくるような気がします。

そして橘がCD講座11枚目で言っていた
「与えることの意味」ってこういうことなんだなぁと思いました。

与えるっていうことは
結局は自分が一番与えられているんですね^^

そして今回この記事を読んでいただいている方や、
CD講座やカウンセリングを受けていただいた方は
本当にご縁だなぁと思います。

ありがとうございます。
今日も素敵な1日になりますように^^

自分を励ますことが難しいあなたへもっと強い心をもつヒントが無料メルマガ登録で沢山読める!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ