自分を受け入れる。そして認めてあげる。

いろいろな辛いことがあると、自分を卑下して、自分を許せなくなる時があると思います。そういう時の最初のステップ。それが自分を認めると言う事と、自分を受け入れるということ。今回のはその実践についてお便りを頂いたのでご紹介させていただきます。


おはようございます
橘心理SALONの寺元です。

暑い日が続いていますが
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

冷たいものが美味しい季節ですが、
食べ過ぎには注意してくださいね^^

さて恒例のお便り紹介コーナーです^^b
今回はCD講座を聞いて、自分が進むべき道を見つけたという
とても力強いお便りをいただいたので、シェアさせていただきます。

P.N:ナナエルさんからのお便りです。

——————————

CDの意味、やっと?解りました。でも、凄く難しいですね。
自分を変える、変わる!って、いいと思える自分に変わっていくことだと思っていました。
道端の雑草に生まれついたことを嘆く暇があったら、薔薇になれるように努力しろ、ということだと。
それって、今までだってずっとしてきたし、
それで成果も出せた。でも、そこで努力し続けて生きていくことがあまりに苦しすぎて、
それでもまだそのことに頑張り続けるしか道はないのか、と思っていました。
その道をこじ開ける工夫が語られているのかと。

でもそんなのじゃなくて、
いいと思える自分じゃない自分のことを、どれだけ受け入れ許せるか、
ということに、「変わる」ということだったのだと、やっと気づきました。
薔薇ではなかった自分を認めること、悲しいですね。
こんなに醜く、情けなく、恥ずかしい自分を、「よし」としないといけないなんて。本当に心が痛みます。

そこで、プラスの視線やリフレーミングなど、自分を受け入れる工夫をするんですね。
そしてなにより、覚悟と決断をするんですね…。

なかなか覚悟が出来にくいです。
やっぱり、隣の芝生ばかり青く見えるし、自分のは醜く汚く恥ずかしくばかり思えるから。
何とか変えてやろう、満足のいく青さにしてやろうって、蹴散らしたくなります。

そう「思い込んで」いるんですね、狭い価値観にとらわれて…。
自分の芝生のいいところ、プラスのところを見てこなかったから。
与えられたものに感謝できないんでは、何を持ったって満たされるはずないのに。

そもそもなんでそんなに薔薇に固執しているのか?なんでそんなに自分の土地が不快なのか?
それは本当に狭い思い込みだったと、少しずつわかってきたら、
自分のすることに異常に緊張したり、意識過剰になったりしなくていいんだな、と感じ始めました。

醜く、恥ずかしい、押し殺さなければと思ってきた自分が、
そのままでいて咲かせられる花があるのかもしれないと、
そして、それを咲かせるためには、
今、この自分を、自分が、認めることが始まりなのだと、
そう思えば、覚悟できる気がしました。

乗り越えてこられた方たちは、みんな、こんなに苦しい思いを通り抜けて来られたんですね。
もちろん、ゴールはないのでしょうけど、その道を歩き始めることに、勇気と努力がいるのですね。
自分の土地を踏み荒らすことよりも…。

悲しくて、惨めで、醜く過ぎて、すぐには「よし」とは出来ないけれど、
まずは、嘆き恥じることは止めます。そんなことしているから窮屈なんだって、わかっちゃったから。
勇気がいるけど、凄く怖いけど、挫けてしまいそうだけど、決めます。

と、聞いていただきたかっただけでした。小さな歩みから、積み重ねていこうと思います。
いつも励ましを本当にありがとうございます!

——————————

ナナエルさん、素敵なお便りをありがとうございます^^
薔薇と芝生に例えたお話は実に的を射ていて
なるほど、素敵で上手な表現だと感心いたしました。

今の自分が嫌いで、人と比べたら劣等感を感じてしまう

こういった事で悩まれている方は多くいるなと私も感じています。
「今の自分を受け入れる」ということは
ナナエルさんのおっしゃるように、勇気がいると思います。

変われる人と変われない人の違いとは

ここで「自分はやっぱりダメなんだ」って決めつけて諦めてしまうと
何も変われず終わってしまうんですね。

だからまずは、今の自分を少しでも好きになってあげる、
許してあげる、認めてあげる。それがとっても大切になってくるんですね。
自分の事を一番知っているのは自分自身ですからね^^

ナナエルさんのお話を聞いてみて何を感じたでしょうか。

難しい、自分には無理!なんて思ってしまっても
決して焦ることはないですよ。

1回聞いてダメだったら2回聞けば良いんですよ♪

自分が今出来ることを一つ一つ実践してみればいいんですね
そしてその実践が1回目が出来れば2回目も出来ちゃうんですね♪
体を鍛えるのにも言えることですし、
はたまた料理が上手になるためにも実践あるのみです。

ナナエルさんの文章にあるように
「小さな歩みから、積み重ねる」
これがとっても大事なんですね

しっかりと、どっしりとした幹があれば華は咲き誇れます。

あなたの心にも素敵な華を咲かせられるように
新しい決心や挑戦をしてみてはいかがでしょうか。

それでは今回はここまでで。
今日も一日頑張っていきましょう!

嫌いな自分を受け入れ、新しい人生を切り拓く方法をもっと学びたい方はこちらから無料メルマガ登録!

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ