ずっと自分が嫌いだった、でも好きになれそう

本当に自分が嫌いだった。でもいつからそんな風に考えるようになってしまったんだろうか。過去に経験した嫌な記憶の数々。そんな原因を探っていき、ついにつきとめ、その方に起きた大きな変化とは…


おはようございます。
橘心理SALONの寺元です。

先日、お休みの日、割と早くに目が覚めて窓を開けたら
本当に清々しくて気持ちの良い朝だなぁと感じ、
軽くですが近所をサイクリングしてきました。
普段そんなことしないのですが、もう本当に気分爽快でしたよ。
皆さんにもおススメしたいくらいです^^

さて、今回も嬉しくなるお便りが届きました。
皆様にもシェアしたいと思いご紹介させていただきます。
P.N パー子さんからのお便りです。

恐怖感を感じるきっかけは、何を隠そう私自身の心なのです

(↑実際のお手紙はこちらから)

前回のCDを聞いて、橘先生の熱い思いが声のトーンで伝わってきました。
今回の2枚目のCDもさらに強力なエネルギーを出してくださっているのがよくわかりました。
クライアントに対して成功しておられる先生だからこその自信と真直ぐな説得力が伺えました。
テンションの高さが可愛らしく思え(笑…失礼!)そして、そのテンションの高さが
かえって偽りを言っていない証拠だと感じました。信じて実行していきたいと思います。

さて、「MAX自分が嫌い」と先生にメールで申し上げましたが、少し気付いたことがあります。
長年、視線恐怖、対人恐怖、人間関係に苦しんできました。この病さえなければ、
一体、どんな自分になれていただろう?とずっと思っていました。「対人恐怖」は負の心を持ち、
自分を否定的に感じていた時に、突然訪れたマイナスイメージを潜在的に植えつけ、根を張っていたのですね。

心の準備が出来ていない時に、そのマイナスな心で自分自身を呪縛し、
がんじがらめで、どこも見ることが出来なくなり、(17歳の時でした)
それからは学校へ行くのもやっとの思い。大好きな両親にも心配をかけ、自分をダメ出しする日々。
とっても辛かったです。いっそのこと目が見えなくなればいいのに…と思っていました。

その恐怖感を感じるきっかけは、何を隠そう私自身の心です。あの時起こった事象に対して
プラスの考え方が出来ていたなら、固執した暗い思い違いをおこさなかったと思います。
「ふん、何さ!」で解決できていたことぐらいの小さな小さなことでした。ただ、あのころの自分は、
心の状態に余裕がなかったのですね。全ては気持ちの持ち方次第ですね。

負の気持ちを持つのも自分だし、プラス思考をするのも自分。
何てたって、自分の人生の主人公は自分なのですから。
自分が気持ちよく生きるように考え、全てに素敵な捉え方をしていきたいと思います。
自分を嫌わないために

考えてみるとこのような病を抱えてしまったことは、私自身が依頼心が強かったり
自己中だったり…と周りの人への配力が足りなかったせいだと思います。
でも橘先生のように少し誇張するくらいの明るさで、プラスな思考をし
それが出来た自分を一つ一つ誉めながら、自分自身を今度こそ
いっぱいいっぱい可愛がってあげたいと思っています。「決断」済!

———————

パー子さん、素敵なお便りをありがとうございます!
ご自分の心の中に根付いていた原因に気付き
これから自分とどうやって付き合っていけばいいのか
解決の糸口を見事発見できましたね。

自分が嫌いだったのに、これからは自分を可愛がってあげる
この劇的な変化は凄いです。とんでもない変化です。
嫌いで嫌いでずーっと悩んでいたのに
「プラス思考」を持つことができたおかげで
正反対の「好き」へと変化しているのですから。

パー子さんのお便りの中に「全ては気持ちの持ち方次第」とありますように
本当その通りだなと思います。

多分、色々な人から言われた経験もあったりするかもしれませんね。
病は気からとかもあるかもしれません。

「知ってるよ、聞き飽きたよ」って思ってる人もきっと多いと思います。
人から言われるとこれほどウンザリする言葉もないかもしれないって
私も思うところがあります。

親に「勉強しなさい!」って言われるとやる気が出ないっていうのと似てるかもしれませんね。
また、自発的に勉強しようと思った矢先に言われたりすると
一気に気持ちが萎えたりもしますよね^^;

嫌々やる勉強ってはかどらないし、なんか頭にも入らない。
でも、「勉強やるぞ!」って頭を切り替えた時、
割と集中できて、進みも早かったり、覚えるのもできたり。

やっぱり続けることが大切

心もそうなんです。
ただ、デリケートなので時間経過に弱いんですね
「元気になるぞ!」って決めて、短時間はもっても
次の日になったら、その決意がどっかにいっちゃってる
こういうことが多いなと私は感じています。

長時間それを維持させるためには
やはり日頃から「プラス思考」へ持っていくという
トレーニングがいいんですね。
些細なことでもいいから、自分にできることからやってみる

こういった積み重ねで変わってくるんじゃないかなと思っています。

「そんなこと言われてもなぁ…はぁ…」と落ち込んでしまっている方
上を向いてスキップしながら落ち込んでみてください

きっと無理でしょう(笑)

こんな風に体を動かしてみたりするのも一つの手かもしれませんよ

皆さんもあの手この手で、プラス思考へもっていく
トレーニングやってみませんか

それでは今回はここまで。今日も頑張っていきましょう!

自分が嫌いという状態から脱して、自信を持って人生を歩むヒントが学べるメルマガはこちらから

◯この記事がお役に立ちましたらぜひソーシャルメディアで共有してくださいね^^

最新の人気記事

サブコンテンツ